docomoカップ!

FC前橋南さまとの合同チームでdocomoカップに参加しました!

docomoカップは六年生だけの大会です。アラジンの六年生はギリギリ8名。募集の時期はインフルエンザが流行り始めていた頃で、1人でも欠けたら棄権という状態でした。

もし棄権になってしまったら、他のチームに迷惑を掛けてしまうので、合同チームになりました。

試合の日までの間、FC前橋南さまのホームグラウンドにお誘いいただいて、たくさんたくさん練習させていただきました。平日のナイターも、休日も、合宿まで!

FC前橋南さまとの合同練習日は、普段のアラジンの練習と交互になり、熱心な子はほぼ毎日練習する感じでした。

試合当日。心配されたインフルエンザは幸いなことに成りをひそめていましたが、なにしろ風が強くて。

砂埃で視界が悪くなる場面も度々あり、観戦した保護者は目も開けていられない瞬間もあったのですが、子ども達はみんなとても頑張っていました。

FC前橋南さま、この度は大変お世話になりました。

ユニフォームも貸してくださり、子ども達とも分け隔てなく接してくださって、親としても沢山の事を学ばせていただきました。

あと数ヶ月で中学生。子ども達は、新しい環境に慣れてゆかねばなりません。今回のこの経験は、きっと子ども達の明日の糧になると感じています。

本当にありがとうございました!

最後になりましたが、合同チームを許可してくださった監督と、パイプ役になってくださったSコーチにも、感謝の気持ちでいっぱいです。

子ども達にとっての六年生最後の試合は、たくさんの大人に支えられて、とても貴重な経験となりました。

広報K